永住権申請もしたし、そろそろ子作り開始?と思ってたら!こんなに早くBaby授かるとは思ってなくてパパもびっくり!笑 予定日は12月4日です♪


by happy-maternity
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

妊娠中 おしりの痛み(痔じゃないよ!!笑)

つわりもものすごく軽く、みんなに健康妊婦ね♪と言われていた私が
妊娠16週目にみた悪夢。。。
AUSで妊娠中に同じような思いをされている方の少しでも助けになれば・・と思い
記録しておきます。

2週間くらい前から、何となく右側のおしりの筋肉が痛いような気がして、
最初は、筋でも違えたか、筋肉痛か??なんて思ってストレッチをしたりしてたんだけれど。
仕事以外の時間は努めて
ソファーに横になったりするようにしてたんだけど一向に良くなる気配なし。
だんだん痛みが辛くなってきて、特に寝てる時に寝がえりをうつと
右側のお尻から足まで突き刺さるような激痛が走るように。

1週間前くらいからは普通にまっすぐ歩くと痛くって、
まるでペンギンのような歩き方で仕事場を歩き回る日々。
日に日に痛みが増して、それでも毎日無理して仕事に行っていたら
なんときょう、仕事場のソファーから自分では立ち上がれないほどの激痛に!!
ウォッシングバスケットに入ってるタオルを取ろうと腰を曲げても、
痛くて痛くて取れない!!
これはやばそう・・・ととうとう思い、
旦那に連絡して、お迎えに来てもらうことに。
お仕事を早退させてもらって、病院へ。
仕事場のみんなも、
すごく心配してくれて、キッチンのTanyaが、
Canberra hospital内にあるマタニティフィジオに相談の電話までかけてくれた。
でも今日今すぐにどうこうできる問題ではなく、
とりあえず連絡先と症状を話して、フィジオからの連絡を待つことに。

GPでいったい何をしてくれるのか・・・という不信感を抱きつつも、
AUSでは、気軽に自分で、整骨院などに駆けこむこともできないので
とりあえずいつものPhilipのGPへ。
色々な体制をさせられて、どんな体制でもうめく私を見て
ドクターは
「こりゃひどいね。なに??さっきまで働いてたの?
今日仕事に戻るなんてとんでもないよ。
とりあえず今日明日は休みだね。
とにかく安静第一。そして患部をあっためること。
妊婦でも飲める痛み止めを出します。」とのこと。

病名はGluteal Enthesitis・・・・とかなんとか。
気がつかないうちに捻ったんだと思う、とドクターはいうけれど、
私は今まで何度もネットで調べた、
妊娠による骨盤の緩みからくる痛みじゃないでしょうかね~?と訴えるも
あんまり意味なし。
(ネットで「妊娠中 おしりの痛み」と検索すると結構出てくるんですよね、
同じ症状の方たち。)
今こんなに痛いのに、安静にしてるくらいで治るもんかね??と
ドクターに対する不信感満々でGPを後に。
あぁ。。。。きっと私はこのまま出産まで車椅子生活になるんだわ・・・・と絶望的な気持ちに。
(いや、ほんと、おおげさじゃなく、この痛みはそれくらいひどかった!)

結果的に、ドクターの言った病名はともかく、
アドバイスは有効だったようで、
旦那に甘えてこれでもか!というくらいに
安静にし続けて、毎日湯たんぽと一緒に寝て
3日目にずいぶん痛みが引き、ゆっくりなら歩けるように。
そして、私の救世主!!もうこれなしでは生きていけな~~い!!状態の
トコちゃんベルト!!
もう、AUSからお礼状でも送ろうかと思うくらい愛用&感謝してます!!!
トコちゃんのおかげで、今はすっかり普通の生活に戻れてお仕事もしてます。
トコちゃんばんざい!!笑

今回の教訓は、妊娠中はちょっとした症状も侮らずに安静にすること、かな。
[PR]
by happy-maternity | 2008-06-19 15:33 | *妊娠中のトラブル*